面倒な無線機の免許申請も代行!

トップページ無線機の免許と登録

無線機の免許と登録

ハイパワートランシーバーの登録申請と、簡易業務用無線機で義務づけられている免許申請について詳しくご案内。それぞれ特徴や、費用などの確認にお役立てください。また当店では申請の代行サービス実施中!詳しくはお電話かメールでどうぞ。

業務用無線機

ビジネス専用
運用は業務用途に限定。※1※2
変更が生じた場合(住所変更・機種変更、廃止、
無線局増設など)、その都度申請が必要。



※1 免許のないまま電波を発射されたり、継続許可のないまま電波を発射すると無線局の違法開設となります。無線機を使う際は必ず免許申請・継続申請を済ませてください。
※2 委任状に記入・捺印された後、委任状・免許申請書類を
総務省総合通信局へ提出することで、審査からおよそ1ヶ月後に
免許が下ります。
申請費用は無線機1台ごと
新設・増設  8,640円/台数
効力は5年間
免許日より5年間、業務用途で運用できます。
定期的な更新義務があります
5年以降継続して業務用無線機を使う場合は、
有効期限の6ヶ月前~3ヶ月前までに更新(再免許申請)してください。



※ 更新が近づいた際は、当店からご連絡差し上げます。
社会の安全に役立てられる電波利用料
年一度、無線機1台ごと料金が発生。
違法電波監視等の目的で使用されます。
(総務省総合通信局より振込用紙を免許人へ郵送)
※電波法改正により、平成26年10月1日から電波使用料は600円へ変更となりました。(使用周波数6MHz以下の陸上移動局の場合)

ハイパワートランシーバー

登録を済ませるだけで、使い方自在!

資格や免許は一切不要!
レジャーでもOK。
手続きは当店にお任せください。

個別(1台)および包括登録(2台以上)に分れます。



※ 登録のないまま無許可で電波を発射されることは無線局の違法開設となります。無線機を使う際は必ず登録を済ませてください。
※ 記入および捺印をいただいた委任状と申請に係る書類を総務省総合通信局へ送付し、通常約2週間前後で登録が完了し使用許可を得られます。
※ 無線機の機種変更、無線局増設や廃止、住所変更のあった場合などには、その都度申請が必要です。
台数に関係無く1台分の費用だけ

個別登録(初回)  5,400円/件

包括登録(初回)  5,400円

※いずれも印紙代・開設届代行手数料・消費税を含みます。
一度の手続きで5年有効
登録日から5年間、継続して無線機が使えます。
5年過ぎたら更新を
5年以降継続してハイパワートランシーバーを使い続ける場合は、更新(再登録)申請が必要です。更新できる期間は、有効期限の3ヶ月前から1ヶ月前までの間です。



※ 更新前、当店からご連絡差し上げます。
住みよい暮らしに貢献します
様々な弊害の引き金となる、違法な電波の監視に役立てられえる電波使用料。年一回、無線機一台ごとに支払いが義務付けられています(包括登録 450円、個別登録 600円)。
※電波使用料は、電波法一部改正に伴い包括登録 540円→450円(平成29年10月1日)、個別登録 500円→600円(平成26年10月1日施行)へ変更となりました。

業務用無線機やハイパワートランシーバーの申請代行を承っております。

メールでのお問い合わせはこちらから